腰痛対策マットレスモットンの口コミと私が実際に使ったギャップ!

ネットで「おススメ マットレス」「腰痛 マットレス」などと検索すると必ずと言っていいほど高評価を受けているモットンというマットレス。

私がそうだっただけかもしれませんが、マットレスを買い替えようと思っている人は腰痛、特に寝起きに感じる鈍い痛みを少しでも和らげたいと思っているんじゃないでしょうか?

 

そしてモットンの評判をネットで検索すると「一晩で腰痛が解消した!」などと良いものがほとんど。

そして色々なマットレスのランキングで必ず上位になっていて、ちょっと眉唾もの?!

そんな思いもありつつ、、、

「実際に試してみないとわからない!」ということでモットンを購入したので、

ネット上で見かける良い口コミも、悪い口コミもまとめながら、実際に私が使った感想はどうだったのか?というのをレポートしてみたいともいます。

ネットで見かけるモットンに不満を持った人と満足した人の口コミとは?

モットンの口コミを調べるとその書き込みの数は多いんですが、良い口コミも悪い口コミもその内容はほぼ同じなので、以下の評価で集約されてますよ。

ネットで見たモットンの悪い口コミ

まずはネットで見つけたモットンの悪い口コミから。

これらのいわゆるモットンの悪評についてはある程度調べたうえで購入しました。

「モットンはウレタン臭が酷い」

「カバーが安っぽい」

「寝心地が悪い」

「実際に使ってみたけど背中と腰が痛くなった」

「寝心地は良いけど腰痛が良くならないので返品した」

「すぐにヘタってしまった」

ネットで見たモットンの良い口コミ

次がモットンの良い口コミ。

冷静にレビューしている人もいれば、大げさに高すぎる評価をしていると感じるものもありました。

「モットンで寝たら翌朝から腰痛が治った」

「しばらくモットンを使っていたら自然と腰痛が楽になった」

「夜中に目が覚めることがなくなった」

「今まで何度かヘルニアで病院通いしていたけどモットンで寝るようになってから快適になった」

「休日に長時間寝て起きた後も腰が痛くない」

 

正直言うとこれらの良い評判に期待して購入したところはあります。

悪い評判も良い評判も、実際に私が購入して使ってみて口コミとのギャップはあったのかということをレポートしていきます!

→【モットン】公式サイトはコチラ

実際にモットンを使って感じた口コミとの違い

モットンの公式HPから購入して実際に使って、ネットで見かけたマイナス評価、高評価の口コミ内容と比較してみます。

モットンが届きました!

モットンは100N、140N、170Nでマットレスの硬さが選べます。

体圧分散の観点から、使う人の体重に合わせて硬さを選ぶのがいいとされてますが、私は高反発マットレスが初めてだったので100Nという一番柔らかいタイプを選びました。

広々と使いたかったのでサイズは奮発してセミダブルです。

ちなみに日曜日に購入して火曜日に届きました。

モットンはウレタンフォームのマットレスなので真空パックされた状態で送られてきます。

真空されたカバー袋から取り出すと10分ほどでマットレスの形になります。

モットンの臭いは?

まず、モットンの悪評としてあった臭いですが、正直言って殆ど感じません。

ちなみに私の嗅覚は人並みです。

確かにモットンに鼻を押し当ててクンクン嗅げばウレタンの臭いがすると言ってる意味は分かります。

でも部屋に臭いがこもることもないし、寝転がっている状態だったらまず臭いは感じないか、ほとんど感じないと言ってもいいです。

モットンのカバーは安っぽい?

ネットで「モットンのカバーが安っぽかった」という口コミを見たことがありましたが、肌触りも良く個人的には結構気に入ってるし、安っぽさは感じませんでした。

ポリエステルとスパンデックス素材のカバーで光沢があります。

洗濯も出来そうだし、洗濯中は市販のボックスシーツで代用出来そうです。

モットンは寝心地が悪い?

寝心地は今まで使っていたコイルスプリングタイプのマットレスと比べると頭からかかとまで体のラインに沿って密着度が高いです。

特に腰のあたりがマットレスとの密着している気がします。

そして寝転がると体が沈み込むんですが、途中で止まるというか戻る感覚があってフカフカというよりもフワフワという表現があってるかもしれません。

 

もしあなたがフカフカのとろけるような寝心地が良いならちょっと寝心地が悪いと感じるかもしれませんが、個人的には悪くない、というか結構寝心地はイイと思います。

 

当然ですが、寝心地が良くても低反発マットレスと寝心地が違うので最初は違和感感じますがすぐ慣れました。

モットンで寝た翌朝から腰痛が治る?

ただ、残念ながらモットンで寝て翌朝の腰痛が楽になった、良くなった、痛みがなくなったというような現象は起きませんでした。。。

 

ネットでも翌日は腰や背中に違和感を感じたという内容を読んだことがありますが、私の場合は特に余計に腰痛が悪化したということもなく、いつもとあまり変わらずといった感じです。

 

正直言うとプラシーボ効果いいから腰痛が楽になったら嬉しかったんですが…。

ただ、2週間くらいで寝起きがだいぶ楽になったことは確かです。

これは本当に個人差あるようですね。

これは自分では気が付かなかったんですが、家族から

「あれ?いつも朝は前かがみなのに姿勢が良くなってるじゃん」といわれて

「あっそういえば腰痛がないな、道理で最近体調がよかったのかな」

という感じです。

 

モットンで寝始めて1か月で気が付いたら腰が良くなったという人もいれば、3か月ほどでという人もいます。

また、翌朝からスッキリしたという人もいれば、いつまでたっても腰痛が治らないという人もいるんですね。

モットンはすぐにへたる?寿命が短い?

そしてモットンを購入して以来もうしばらく使い続けていますが、マットレスのヘタリや歪み、窪みというようなものは一切感じませんよ。

特別小まめにメンテナンスしてるわけじゃありませんが、週末になったら壁に立てかけたり、1か月に一度裏表逆にする程度のことはやってます。

モットンの口コミと私が実際に使った感想のギャップのまとめ

というわけで、モットンの口コミと私が実際に使った腰痛に対する効果の違いですが、実際腰の鈍い痛みがなくなってるのでマイナス評価はそれほど当てはまりませんでした。

私のモットンに対する評価は・・・翌朝から腰痛がスッキリという感じもなかったので高評価もばっちり同じというわけではありませんが、

もし誰か人から良いマットレスなど聞かれて予算感がそれほど差がなかったら普通にモットンを勧めるレベルの評価です。

 

ネットではこんなタイプの人はおススメとか整理してくれてるのもありますが、正直実際に使ってみないと分からないかと思います。

モットンには90日間の返金保証制度があるので迷っていたら使ってみてダメだったら返品するというようにシンプルに考えた方がよさそうです。

 90日間の返金保証あり!【モットン】公式サイトはコチラ

モットンは怪しい?マイナス評価の理由

先ほど挙げたモットンのマイナス評価がネットで書きこまれていることからもわかる通り、モットンは良い評価ばかりじゃありません。

中には明らかに別のマットレスの業者がモットンのマイナス評価を書き込んでるのもありますが、

実際に使ってみてやっぱり良くなかったという感想を持ってる人もいます。

あとは腰痛に効果を感じるとか臭いは個人差があるのはしょうがないですけどね。

個人差で一番大きいと思ったのはモットンの臭い。

 

 

私自身はモットンの臭いはほとんど感じませんでしたが、実際モットンの臭いが気になったという人もいますので。

 

モットンのカバーが安っぽいという口コミはいまいちわかりませんでしたが、ネットで調べてみたら数年前のモットンカバーは安っぽいタオル生地だったそうですね。

今は肌触りの良いベロア生地なので改良されたんですかね。

 

寝心地について個人差がある気がします。

今まで低反発マットレスのようにすごく柔らかいマットレスで寝ていたら寝心地に柔らかさが物足りなく感じると思います。

 

私のように十年以上使っていたヘタったマットレスでも体が悪い意味で馴染んでいたので初めてモットンで寝たときはちょっと違和感を感じました。

 

また、先ほど言った通り、モットンの寝心地はフカフカというよりもフワフワとした感じなのでそこに違和感を感じる人もいるとは思います。

 

腰痛に対する効果ですが、ネットで見ていて腰痛が悪化したというケースはほとんどなかったし、まれに腰痛が悪化したとか背中が痛くなった、体に合わないと感じたという人のほとんどは返品したようですね。

このブログでは私の感想を主体的に紹介してますが、モットンを購入する前は口コミや、どんな人におススメなのかなどより客観的に解説しているサイトも結構あるので参考にして下さいね。

私が特に参考にしたサイトは

⇒マットレス「モットン」を購入する前に知って得する6つのポイント!

モットンはなぜ腰痛に良いマットレスと言われているのか?

モットンは元々日本人の体に合わせて設計された腰痛対策マットレスということをアピールしているマットレスで、実際に使った人の感想としても効果を感じるまでの時間に差はあっても腰痛が楽になったと感じる人が多いのは事実です。

 

恐らく私を含めて皆さんが実際に使ってみて腰痛によいマットレスと感じたから色々なサイトでランキングの1位で紹介されてるかと思いますが

ではモットンがナゼ腰痛に良いマットレスと言われているのか?

 

何か特別な細工が施されてるのか?

ピップエレキバンのように磁石のようなものがあるのか?

答えは特別な仕掛けは特になくて、睡眠中の寝返りが打ちやすいような弾力性があるマットレスということです。

 

その意味で、モットンに限らずあなたの体に合って寝返りが打ちやすかったら腰痛が楽になる可能性が高いということですね。

 

寝返りが打ちやすくなるというのは体に合った弾力性のあるマットレスを選ぶのがポンとらしくて、

体重が軽い人が弾力性の高いマットレスを選ぶと寝返りは打てるけど寝心地が悪い。

体重が重くて弾力性の低いマットレスを選ぶと体が沈み込みすぎて寝返りが打ちにくい。

という理解で概ね良いですよ。

 

寝返りが打てるようになるとイビキもかなり改善されますよ。

 

モットンの場合は日本人の標準的な体重である40kg~100kgに合わせて3種類の弾力性から選べるようになっていて目安となる体重とマットレスの弾力性も公式HPから確認できるので購入前に一度確認するのがおススメです。

モットンの販売会社であるモットンジャパンでは体圧分散測定を重ねてるのでこのデータは結構信頼性の高いので適当に買うよりはいいですよ。

 体重に合った硬さは?【モットン】公式サイトはコチラ

モットンの返金保証は本当?

モットンは腰痛対策のマットレスを謳い文句にしてるんですが、どんな人の腰痛でも直してくれる魔法のマットレスではありませんよ。

 

体重とマットレスの柔らかさを確認して購入するのが必要ですが、それでも人によっては体に合う合わないというのがあるので。。。

モットンの公式HPを見ても、「全ての人の腰痛に効果があるとは思ってない」と断言してますからね。

 

だからこそ、一度よかったら使ってくださいね、腰痛が良くならなかったら返品すれば購入代金をお返ししますという返金制度を設けてるそうです。

条件は購入後実際にモットンが届いてからカウントして90日間経過した後、かつ14日以内。

だからモットンが家に届いてから91日目から104日目までに返品手続きをする必要があります。

 

ネットで見ているとモットンの返金保証は怪しいという口コミもありましたが

公式サイトで購入してないとか、返金保証期間が過ぎてしまったなど条件があってないことがほとんどです。

返金保証についてモットンジャパンは問い合わせしたところ、少数ですが実際に返品依頼をする人もいるし返品ルールもシンプルです。

ちょっと突っ込んで、「モットンの返品は中々受け付けてもらえないそうですが」と探りを入れてみたことがありますが、

「楽天などの返品サービスをしてない店舗で購入した」

「商品到着後4か月(120日以上)経過した後に返品したいという場合」

こんなケースがごくまれにあるそうですが、それは公式HPに書いてある通り返品をお断りしてるそうですよ。

 

逆を言えばモットン公式HPに記載されてる条件に沿っていればマットレスが汚れていたとしても返品を受け付けて購入代金は返してもらえるとのことでした。

→安心の返金保証付き!【モットン】公式サイトはコチラ

モットンを購入するならおススメのサイズや硬さは?

モットンを実際に購入した後に後悔するのも、良い買い物したと実感するのはマットレスのサイズと柔らかさを間違えないことです!

モットンのサイズはシングル、セミダブル、ダブルの3種類あってそれぞれは以下の通り。

サイズ 大きさ
シングル 幅97cm/長さ195cm/厚さ10cm
セミダブル 幅120cm/長さ195cm/厚さ10cm
ダブル 幅140cm/長さ195cm/厚さ10cm

他のマットレスと比べてサイズが小さいということはないので基本的に今使っているマットレスのサイズと同じでいいと思いますが、ベッドフレームを使っている人はサイズがあってるかどうか確認した方がいいですよ。

 

次に重要なのがマットレスの柔らかさです。

腰痛が治りやすいとか体に合う合わないはあなたの体重とマットレスの柔らかさがカギになってくるので。

モットンはマットレスの柔らかさが全サイズ別に3種類用意されてます。

柔らかめの100N(~45kgの体重)

標準の140N(45~80kgの体重)

硬めの170N(80~kgの体重)

モットン公式HPでも体重に応じて選ぶべきタイプが出てるのでそれを参考にして下さいね。

あなたの体重に合った硬さはある?【モットン】公式サイトはコチラ

ちなみに数年前までモットンの柔らかさは140Nの1種類のみでしたが最近になって3パターン準備するようになったとのことです。

体重とマットレスの柔らかさはいわゆる体圧分散性能に深く関係するようなのでここは然りと注意するのがポイントです。

 

マットレスの硬さは購入時の画面で選ぶことが出来ますが見落としがちなので注意してくださいね!

モットンを購入するなら公式サイトという理由!

私はモットンを購入する前に「せっかくだから購入前に寝心地を試したいな」と思ってマットレスが置いてある百貨店などの寝具コーナーを探してみました。

島忠ホームズ、イトーヨーカドー、ハンズ、ロフト…それぞれの寝具コーナーの担当者さんに聞きましたがモットンは販売してないそうです。

担当者さんも「あ~ネットで人気のマットレスですよね、うちではまだ取り扱ってませんよ」とのことでモットン販売会社のモットンジャパンへ問い合わせたところ今はネット通販のみとのことです。

 

で、どうせ購入するなら最も安いところがいいので楽天、Amazon などメジャーで安く購入できそうなショップを調べてみましたが、モットンは在庫がないか公式サイトよりもめちゃくちゃ高い…。

確かモットンのシングルサイズで60,000円近くしたと思います。(公式サイトは39,800円)

 

また、公式サイト以外のショップでは高い値段で販売されてるにもかかわらずモットンの目玉と言ってもいい90日間の返金保証制度がない…。

 

ということでモットンを購入するならモットン公式HP以外には選択肢がないのが現状です。

 

ちなみに公式サイトでのモットン販売価格は以下の通り。

サイズ 最安価格
シングル 39,800円
セミダブル 4,800円
ダブル 59,800円

私はネットで購入するのは楽天かAmazonしか使ったことなかったのでモットン公式サイトでの購入は最初ちょっとだけ躊躇しましたが、特に何の問題もなく購入から配送までも1,2日と早く対応も良かったですよ。

 

ネットではモットンの口コミは色々書き込みありますが、90日間の返金保証キャンペーンを実施している最中にとりあえず使ってみて、腰痛がどれ位良くなるのか試してみるのがおススメです。

→90日間返金保証でお試し!【モットン】公式サイトはコチラ

モットンに合う枕はどれ?めりーさんの高反発枕がベスト?

「モットンで腰痛が楽になったけど肩こりがまだまだ治らない。」

「寝起きの肩こりや頭痛が中々治らない」

そんな人も多いかと思います。

マットレスは腰痛を解消したり、体全体の疲れをいやすにはいいんですが肩こりは中々解消してくれないので。

肩こり対策にはマットレスに合った枕が必要!

寝起きの肩こりや頭痛に効果的なのはマットレスじゃなくて枕の比重が高いんですね。

寝具屋さんで腰痛に良い寝具といえばマットレスをススメてきますが、肩こりだったらやっぱり枕をススメてきます。

 

ただ、枕難民っていう言葉がある通り、マットレスよりも枕選びっていうのは難しいのが現実。

いくら高級な枕を購入したからといって「全然良くない…」ということはかなりあります。

 

自分の首の長さ、太さそしてマットレスに合った枕を選ぶことが重要なんです。

実際に寝具コーナーでマットレスを購入する場合は、それに見合った枕も提案されます。

 

モットンでも他のマットレスでも、それぞれに合った枕っていうのが存在するんですね。

モットンの場合はめりーさんの高反発枕。

モットンが方から足までの体圧分散をするマットレスだとしたら、めりーさんの高反発枕は首と頭の体圧分散をしてくれる枕です。

めりーさんの高反発枕はモットンジャパンが販売している枕で肩こりやいびき対策としても良さそうなんですが、単体で使うよりもモットンと一緒に使うことがいいとされてます。

ただ、繰り返しになりますが枕選びっていうのは

  • マットレスに合った枕であること
  • 自分の首の長さ、太さに応じた枕であること

この2点が重要です。

めりーさんの高反発枕は、マットレスに合った枕であること、というのはクリアしてますが、私やあなたの首に合ってるかどうかは実際に使ってみないとわかりませんよ。

 

今回はモットンと一緒にめりーさんの高反発枕も購入してみたので、使用感などをレポートしてみます。

 【めりーさんの高反発枕】公式サイトはコチラ

モットンに合った枕はめりーさんの高反発枕?実際にどうなの?

めりーさんの高反発枕が届きました。

モットンと同じベロア生地のカバーで肌触りはよいですね。

とはいっても、枕は寝汗を吸い込むのでカバーはいくつか用意した方がよさそうです。

私はモットンカバーと同様にニトリで枕カバーを2個ほど購入しました。

ちなみに、私は首が長い方でかなかなフィットする枕がなくて悩んでたんですが、肝心の寝心地は高反発枕というだけあって反発力を感じます。

モットンの場合は沈み込んでから体を持ち上げるような感覚があるんですが、めりーさんの高反発枕は柔らかいんですが沈み込みがあまりなくてどちらかというとポヨンポヨンとする感じ。

 

ちなみにめりーさんの高反発枕は枕の高さ調節シートがあるので、自分の好みの高さに調節して使えばOKです。

ただ、あなたが今までやわらかい枕を使っていたら結構違和感を感じるかと思います。

ちなみに、私は今まで色々な枕を使ってきましたが、セルプールの枕と寝心地は似てます。

セルプールの枕は評判が良くて購入したんですが、小さくて使い心地が悪かったのでいまいちでしたがめりーさんの高反発枕はそこそこの大きさがあるので結構寝心地はいいですよ。

ただ、首が太い人はもしかしたら枕の形状と合わないかもしれませんね。

 

テンピュールなどの低反発枕も使ったことがありますが、こちらと比べるとめりーさんの高反発枕は常に形状が安定しているので寝返りを打つ、寝姿勢を保つという意味ではよかったです。

低反発枕は夏はすぐに沈んでしまうし、冬は粘土のように硬さを感じるにもかかわらず頭の重みをそのまま沈めてしまうので寝返りが打ちにくくて肩こりしやすい。。。

 

寝起きの感覚では、私はめりーさんの高反発枕があっていたのか肩こりや首コリ、あと頭痛が大分楽になりました。

さすがにモットンと相性のいい枕、といった感想ですが、

あくまでもめりーさんの高反発枕が私の首に合ってたことが良かったのかもしれません。

高さ調整機能があるので色々な人の首にもそこそこ合わせることが出来ると思いますが、完全フィットは保証できないと思ってくださいね。

モットンのように柔らかさを選べるようにしてくれたらいいんですが。

めりーさんの高反発枕にも90日間の返金保証がついてるので、まずはお試し感覚で使ってみるというスタンスがいいですよ。

 【めりーさんの高反発枕】公式サイトはコチラ

モットンの返品でトラブル?覚えておきたい3つの条件!

ネット販売のみにもかかわらず数年で突如知名度を上げたマットレスのモットンですが、その理由は当時どこも実施していなかった90日間の返金保証サービス。

どんなマットレスでも体に合う合わないというのはありますからね。

また、「モットンの返金処理が出来なかった…」というトラブルも聞いたことがあるので、モットンを購入したばかりの人やこれから購入しようと思っている人の参考になれば幸いです。

モットン返金保証を利用する際に必要な3つの条件!

モットンの90日間返金保証サービスっていうのは、モットンを購入してあなたの元に配送されてから90日間経過した後に

「思ってたより腰痛が解消されない」

とか

「寝心地がいまいち」

など、理由は色々ありますが、モットンが配送されてから90日間経過した後の14日以内に返金手続きをすれば購入代金を返金してもらえるというサービスです。

モットンの返金条件は以下3点

  • モットンがあなたの元に配送されてから90日間が経過したこと
  • 90日間経過した後14日以内に手続きをすること
  • モットン本体、モットンカバー、保証書の3点セットを返品すること

モットン販売会社のモットンジャパンへ問い合わせしてみても、

「公式サイトに記載されてる条件を満たせば返金します」

ということでした。

ちなみにモットンジャパンではモットンの他にイビキや肩こりに効果的なめりーさんの高反発枕も販売してますが、こちらも同様の返金保証サービスがついてますね。

参考モットンに合う枕はどれ?めりーさんの高反発枕がベスト?

サプリや化粧品の返金保証サービスはこれまでにも色々ありましたが、マットレスのような寝具はいわゆる衛生商品の返金保証は今までになかったので衝撃的でもありました。

とはいっても、ネット上でモットンの返金保証でトラブルも聞いたことがあるので、あなたが実際に返金手続きをする際にトラブルが起きないようにここでの内容をメモしていただければ幸いです。


モットンの時のトラブル(カバー、保証書も必要)

ネット上でモットンの返金トラブルを目にしたことがあります。

それは「モットンを購入したけど保証書がなかった」というもの。

モットンの返金保証を利用するには先ほども言いましたが、マットレスカバー保証書の3点を返品する必要があります。

また、モットンの返金保証は公式サイトで購入した場合のみ利用できます。

モットンは楽天やYahooショッピング、Wowma!などのネット通販サイトからヤフオクやメルカリなどのオークションサイトでも購入することが出来ますが、返金保証があるのは公式サイトで購入した場合のみです。

参考評判のマットレス「モットン」の口コミ!不満なレビューも満足したレビューも私の感想も!

公式サイト以外で購入した場合、特にオークションサイトでは保証書がない場合もあるし、保証書があったとしても公式サイトで購入してなければ返金してもらえないので注意してくださいね。

ネットで保証書がなかったというトラブルも結局は公式サイトで購入してなかったというのが理由でした。

また、90日間ていう期間があるのでモットン本体を紛失することはなくても、保証書を失くしてしまうことはたまりあるのでくれぐれもなくさないように分かりやすい場所へ保管することがおススメです!

 

もう一度振り返りですが、モットンの返金保証を使うには

 モットンが配送されてから90日間経過した後!

90日未満の返金手続きは出来ません。

これはマットレスは最低でも90日間使ってみなければ体に合うかどうか判断できないからというのが理由だそうです。

 90日間経過した後に14日以内に手続きを済ませること!

未来永劫返金を受け付けてるわけではないということです。

 返金手続きの後はモットン、モットンカバー、保証書を返品すること!

この3点セットを漏らしてしまう場合もあるので注意してくださいね。

 公式サイトで購入したこと!

楽天やYahooショッピングはもともと販売価格が高いので購入しないと思いますが、公式サイト以外で購入しても返金できませんので。

以上の条件を満たせば問題ありません!

逆に言うと、この条件を満たさない場合は返金を受け付けてもらえないのでトラブル予防として頭の片隅に置いといてくださいね!

 

ネット通販での返金保証は色々ありますが、モットンの返金保証はかなり緩い方だと思います。

中には返品時には商品が梱包されてた箱も一緒に返品することなどの条件もありますからね。

箱なんて普通捨てますよね?

モットンは返品時の箱は何でも構いません。

また、ぶっちゃけ言うと腰痛がどうとか、体に合わないとかの正当な理由じゃなくても、なんとなく試してみたかっただけというものでも返金できちゃいます。

 【モットン】公式サイトはコチラ

モットンに敷きパッドが必要だと思う3つの理由

モットンは敷きパッドと一緒に使った方が絶対にいいです!

いや、モットンに限らずどんなマットレスでも敷きパッドは必須です!

悪いことは言わないのでモットンカバーとは別に敷きパッドを用意してくださいね。

ニトリでも楽天でも安くていいものはたくさんあるので。

 

モットンに敷きパッドが必要な理由はこの3つに集約されます。

  1. マットレスの耐久性を上げる
  2. マットレスを清潔さを保つ
  3. 温度調整などで快適な睡眠環境を保つ

ニトリや楽天、Amazonなどで安くてよいものが結構あるので良い睡眠環境を作るならモットンに敷いて使っていただくことをお勧めします。

もともとモットンには防ダニ対策がされてるので、ダニ対策の敷きパッドは特に必要なくてマットレスの汚れ対策、または温度調整機能が優れてるような敷きパッドがおススメです。

 

特にモットンは子供のおねしょや万が一コーヒーなどをこぼしてしまった場合でも丸洗いできません。

参考モットンを赤ちゃんや小さな子供が使う場合のヒント!

敷きパッドさえあればマットレスにダイレクトにしみこむこともないので安心ですよ。

ちなみに、敷きパッドとベッドパッドは違います。

ベッドパッドというのはボンネルコイルやポケットコイルマットレスを使っている場合はスプリングが当たってるのを防ぐという意味もあります。

 

敷きパッドは肌触りや汗の吸収や発散といった温度調整、マットレスから汚れを防ぐといった役割があります。

モットンの場合は後者の敷きパッドがあったほうがいいですが、ベッドパッドは必要ありません。

で、モットンで寝る場合に合った方がいいのは温度調整機能が付いた敷きパッドです。

 

モットンは体圧分散機能が高く、体とマットレスの密着度が高いので夏場はちょっと暑苦しいし、寝汗がマットレスにしたたれ落ちてしまいます。

 

定期的に陰干しをするのはもちろんですが、敷きパッドを敷いて暑苦しさはマットレスの湿気、カビ防止のために使うのがおススメです。

 

また、吸水性の高い敷きパッドであれば赤ちゃんや小さい子供がおねしょをしてしまった場合もマットレスを汚してしまうことを防ぐことが出来ますからね。

おススメの敷きパッドはどれ?

「モットンに合う敷きパッドとしてこれがおススメです!」

という特定の商品はありませんが、モットンジャパンが販売してるモットン除湿シートというのもありますね。

価格がシングルサイズで9,500円とちょっと高いので私は使ってませんが、吸水性などかなり高いのでよさそうです。

ただ、私はもっと安いのを探して使ってます。

マットレスの敷きパッドなんて色々なところでよいものが安く販売されてるので、

  • 温度調整機能がある
  • 吸収性が高い

これを念頭に購入してくださいね、

ちなみに、ニトリでは1,900~5,000円で販売されてます。

ニトリで一番高機能の敷きパッドは5,000円程度しますが、これはなかなか良い敷きパッドです。

夏場も気持ちよく眠れます。

楽天、Amazonでは2,000円~で色々販売されてるので要チェックですよ。

楽天やAmazonでもひんやり系だったり、湿気対策、防水性、吸水性の高い敷きパッドが2,000円~で販売されてるのでサイズ、機能を確認して購入されることをお勧めします。

ということでまとめです。

モットンを使う場合は敷きパッドが絶対に合った方が絶対にいいです!

敷きパッドとベッドパッドとあって間違いやすいですがモットンでは敷きパッドです。

モットンに合う敷きパッドは温度調整機能、吸水性が高いものがおススメ!

モットンは腰痛対策としてはかなりの評価を得てるマットレスですが、夏場は暑いとか丸洗いできないといった声もあるし、正直私も同感です。

是非、安くてよい敷きパッドを手に入れて快適な睡眠環境を実現してくださいませ!

 【モットン】公式サイトはコチラ

モットンを赤ちゃんや小さな子供が使う場合のヒント!

「腰痛対策にモットンを検討してるけど、赤ちゃんとか小さな子供でも使えるのかな?」

「今、添い寝してあげたりしてるけど子供の体に合うのか心配」

そんなあなたに読んでもらえたら。

赤ちゃんや小さな子供は寝具に十分気を付けてください!

モットンの購入者のほとんどは30代以降で腰痛に病む人なんですが、当然赤ちゃんや小さな子供が使っても大丈夫です。

というより、モットンで使われてる素材のウレタンフォームはダニやハウスダストが付きにくいという性質があるので赤ちゃんや小さな子供にはおススメのマットレスです。

むしろ和布団、スプリング系のマットレスなどダニやハウスダストが付きやすいマットレスよりもモットンなどのマットレスで寝る方が安心できますよ。

 

特に赤ちゃんが使う場合に気を付けたいのは、ホルムアルデヒドの含有量ですね。

 

寝具にダニ、ハウスダスト、ホルムアルデヒドの含有量が多いと赤ちゃんや小さな子供の呼吸器、肌のトラブルを引き起こす可能性がかなり高くなってしまうので注意が必要です。

 

つまり、赤ちゃんや小さな子供は安全性の高いマットレスをはじめとする寝具で寝ることが健康に育つためには重要ってことです。

 

先にも言った通りモットンで使われるウレタン素材はダニやハウスダストが付きにくい特徴があります。

 

またモットンのホルムアルデヒドの含有量は5μg/gとボーケンの検査で証明されてる通り、赤ちゃんでも安心して使えます。

ちなみに1μg/gは1000mgです。

 

あなたがモットン以外のマットレスを購入する場合も、

  1. ウレタンフォームのマットレスであること
  2. ホルムアルデヒドの含有量

この2つは是非チェックしてくださいね。

赤ちゃんや小さな子供に合った硬さやサイズ

赤ちゃんや小さな子供が1人でモットンを使う場合は当然サイズはシングルでいいです。

また、赤ちゃんや小さな子供が寝る場合はモットンの硬さは100Nがいいですよ。

 

モットンには100N、140N、170Nと3種類の硬さがそれぞれのサイズで用意されてます。

100Nが一番柔らかくて、体重は45kg以下の人を対象としてます。

 

赤ちゃんや小さな子供が一人で寝るようになっても小学校の間は100Nでそのまま使えますしね。

 

とはいっても、モットンを赤ちゃんや小さな子供が使う場合のほとんどは大人と一緒に寝るケースではないでしょうか?

であれば、硬さは100Nがいいんですがサイズは一緒に添い寝することを考えてセミダブル以上がおススメです。

 

モットンは寝返りが打ちやすいマットレスなので、シングルサイズのマットレスでお母さんと子供がお互い寝返りしてたら体がぶつかり合ったりして大変ですよ。

ただでさえ赤ちゃんは寝返りをよく打ちますからね。

親子3人で寝るならセミダブルとシングルの2つがいいですね。

参考記事モットンのセミダブルサイズを購入するのはどんな人が多いの?

ただ、注意したいのはおねしょ。

 

モットンの素材はダニやハウスダストがつきにくく、ホルムアルデヒドの含有量が少ないという安全性が高いのが特徴なんですが、丸洗いできません。。。

また、直射日光で干すのもモットンの素材が傷んでしまうのでおススメできません。

 

だから、もしモットンの上でおねしょされたら、しばらく陰干しして乾いて臭いが取れるのを待つしかないというのが現実です。

私もペットと一緒に暮らしていてたまにおしっこされたりして大変です。

 

対策としては撥水性能の高いシーツを使うのが一番です。

楽天でもニトリでも島忠でも結構安く購入できますから。

参考記事モットンの3つのお手入れ方法とは?|清潔に寿命を延ばして使う!

ということで赤ちゃんや、小さな子供はもともと良く寝返りをうつので腰痛対策としては特に必要ありませんが、ハウスダスト対策などの安全性の面でモットンはおススメです。

 

ただおねしょ対策はあらかじめ必要ですよ!